ゴールドコーストの休日カレンダー2018

オーストラリア・ゴールドコーストの2018年休日カレンダーをまとめておきました♪

祝日がお休みになるかは、観光地やお店によりますが参考になると思いますので、公式に発表されているお休みをまとめますね。

Sponsored Link

ゴールドコーストの祝日2018

2018年ゴールドコーストの祝日一覧

1月1日(月)ニューイヤーデー

1月26日(金)オーストラリアデー

3月30日(金)グッドフライデー

3月31日(土)グッドフライデーの翌日の祝日

4月1日(日)イースターサンデー

4月2日(月)イースターマンデー

4月25日(水)アンザックデー(日本の終戦記念日みたいなもの)

5月7日(月)レイバーデー(労働祭)

8月15日(水)エッカホリデー(フェスティバルがあって学校は休み。会社はやってるところも)

10月1日(月)クイーンの誕生日

12月15日(火)クリスマス

12月26日(水)ボクシングデー(クリスマスセールが始まる日)

 
 

オーストラリア・ゴールドコーストの主要な連休って?

日本のゴールデンウイークやお盆、お正月のように、みんながそろっておやすみするのっていつ?

ってことで、ざっくりとまとめておきますね。

 
みんながお休みを気にするのが、年に2回。

 
イースターホリデーとクリスマスホリデーです☆

 
イースターは金曜日から月曜日まで4連休になります。

学校の秋休みとも重なりますので、旅行に行く人も多いです。

まだ冬になる前で、気候もいいので、気持ちよく滞在できると思います。

 
 
さらに、クリスマスホリデー。

ここは、祝日は2日間しかありませんが、里帰りする人も多く日本のお盆やお正月のような感覚です。

ですので、長めにお休みをとる人も多い。

楽しい夏ですので、バカンスに行く人もたくさんいます。

ゴールドコーストはバカンス先としても超有名。

12月、1月は観光客で人口倍増です。

にぎやかになり、活気もありますので、この時期楽しめると思います。

 
 

オーストラリア・ゴールドコーストって祝日少ない?

 
日本に比べると、オーストラリアって祝日多いのか?少ないのか?

実はですね、オーストラリアの方が祝日少ないんですよ♪

日本の祝日は16日なのだそうですが、オーストラリアは12日、エッカホリデーを抜かすと11日です。

結構休みそうなのに意外?

いやいや、オーストラリアの人は、きちんと有給取りますし、長い休みも気兼ねなく取ります。

なので、そんなに祝日いらないのかもしれません。

日本は、有給なんてとりずらくて。。。

そう考えると、日本はもっと祝日増やしてほしいですよね。

 
 
 
 
Sponsored Link