ゴールドコースト 天気・天候

ゴールドコーストのお天気 1年の移り変わり

更新日:

オーストラリアにあるゴールドコーストは、日本とは全く逆のお天気になります。

日本からゴールドコーストへ旅行を考えたとき、どの時期に行ったらいいのか迷いますよね。

今回は、ゴールドコーストのお天気の1年間をまとめてみました。

Sponsored Link


ゴールドコーストは、1年のうち300日が晴れると言われているほど、温暖で快適な気候です。

日本のような梅雨や、雨が降り続く雨季のようなものはありません。

 

1年間で一番雨が多いのは12月から3月で、1年間の雨はほとんどこの時期に振ります。

そして、12月から2月の間が台風の時期にもあたります。

 

一応、四季がありますが、冬でも日中は20度以上になりますので過ごしやすいと言えます。

 

では、季節ごとにわけて、1年間のお天気の移り変わりをまとめていきますね。

 

・夏(12月~2月)

ニュースで、ぎらぎら輝く海辺のクリスマスを見たことがありませんか?

オーストラリアでは、真夏の暑いクリスマス、日本に冬が夏になります。

この時期は、1年間で一番雨が多い時期です。

天気予報毎日チェックして出かける人も多いです。

真夏と言いますが、平均気温は20~28℃となっていますが、時折ものすごく暑くなる日があります。

また、雨のあとは蒸し暑くなりますが、潮風がありますので涼しく感じることも多いです。

 

この時期のおすすめの観光は、やはり海で遊んだり、マリンスポーツを楽しんだりすることでしょう。

ゴールドコーストの内陸部にあたるヒンターランドの亜熱帯雨林に行けば、山歩きや小川での水遊びなど暑さから解放されるのにぴったりです。

ウエットアンドワイルドやホワイトウォーターワールドなどの屋外プールで遊ぶのも、この時期がおすすめです。

 

 

・秋(3月~5月)

この時期は日本で言う秋になります。

3月はまだ雨の多い季節になりますが、雨もの日も減ってきてだんだん涼しくなってきます

ですが、まだ十分ビーチやプールで遊ぶことができます。

日中晴れの日が多くなり、夜も暖かい過ごしやすい季節ですので、マリンスポーツにも向いています。

4月に入ってくると、だんだんと涼しくなってきますので、4月、5月はプールにずっと入っているには寒いかもしれません。

でも、晴れの日は日中の気温も上がりますので、短時間水に入るくらいなら大丈夫な日も多いです。

 

水に入るには涼しい気候ですが、テーマパークや動物園などに出かけるには最高のお天気です。

 

 

・冬(6月~8月)

晴れた日が続きますが、雨が降らないので乾燥しています。

朝晩は寒くなりますが、日中は気温が20℃以上になりますから、外にいるとぽかぽか暖かい日も多いです。

6月から10月は、ホエールウォッチングの季節ですので、ホエールウォッチングをしたい人はこの時期に来てくださいね。

また、オーストラリア南部に住む人たちが寒さを逃れるために、ゴールドコーストにやってくる時期でもあります。

 

・春(9~11月)

秋と同様、晴天が続き、朝晩も暖かいことが多いです

9月は風の強い季節と言われているので、風を使うマリンスポーツにはうってつけの季節です。

秋と同様に、テーマパークや動物園に行くのにぴったりの天気が続きます。

秋も終わりの方になってくれば、ビーチやプールで思いっきりが楽しむこともできますよ。

 

以上、ゴールドコーストの1年間のお天気をまとめてみました。

一年中、温暖な気候ですので、冬と言っても日本の冬ほど寒くはありませんので、一年中楽しむことができると言ってもいいでしょう。

旅行の計画の参考にしてくださいね。




Sponsored Link





Sponsored Link


-ゴールドコースト 天気・天候

Copyright© ゴールドコーストへ行くなら☆買い物・お土産・ショッピングガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.