未分類

オーストラリアのトイレに驚き!ゴールドコーストトイレ事情

更新日:

オーストラリアのトイレって、いったいどんな感じ?

ゴールドコーストへ行くなら、トイレ事情が気になる方も多いのでは?

特に、子連れだとトイレだけでなく、ビーチやショッピングセンター、アミューズメントパークにオムツ替えの場所はあるのか?

子供用のトイレはあるのか、トイレットペーパーは流せるのか。。。。心配ですよね。

というわけで、今回はゴールドコーストのトイレ事情についてまとめてみました。

まあ、言ってしまえば普通ですよ、普通。。。

でも、ちょっと注意が必要なところや驚きのトイレもありますので行く前にチェックしといてくださいね。

Sponsored Link

オーストラリア・ゴールドコーストのトイレ

759b26c96fed4c9a50a38c1acbce0699_s

トイレ先進国の日本から海外旅行へ行くとなると、トイレがどの程度のレベルか?すぐに探せるのか?ということはとっても気になりますよね。

ということで、まず、オーストラリアのトイレ事情ですが、いたって普通

日本とだいたい同じ感覚でトイレがあると考えてもらって大丈夫です。

家も建物も何もないアウトバックへ行けば、シャベルを渡され、自分で穴掘ってやれ!と言われるかもしれませんが、街中であれば普通にトイレを見つけることができます。

 

また、基本的にきれいに掃除されていますので、使い方が汚いというマナーの問題は置いておいて、行き届いていると思います。

 

トイレットペーパーも、切れていてないということはごくまれにありますが、たいていありますので日本みたいにティッシュを持ち歩かなくても大丈夫です。

こっちの人鼻かむのに持って歩いてるの意外見たことありません。

また、扇風機くらいあるバームクーヘンのようなでっかいトイレットペーパーがついていたりするほど、紙切れには気を使っている(変えるのが面倒?)のではないかと思います。

 

ちなみに、オーストラリアはトイレットペーパーはトイレに流せます。

ただ、日本よりも排水のパイプが細いので、ポケットティッシュを使うとすぐ詰まってしまうことがありますので、備え付けのトイレットペーパーを使った方がいいと思います。

大量に流さなければ大丈夫ですが、念のため。

家では、トイレットペーパーでも大量に使うと詰まります(汗)

 

また、エチケット用品用のごみ箱もでっかいのが置いてあり、中身が見えないようなフタがついていて意外ときれい好き☆

 

そして、日本よりいいなぁと思うのは2つ。

 

まず一つは、たいてい手を洗った後に手を乾かすペーパーか温風機が設置されています。

こっちの方は、手を拭くハンカチなんてしゃれたもの持ってませんから。

ただ、ダイソンの温風機は風の勢いは一流ですが、音が大きすぎて小さい子供泣きます。

これマジですのでお気をつけて。

 

もう一つは、臭いが臭くないこと。

臭いに敏感なんでしょうかね。

東京の駅のトイレなんて、もう臭いが染み付いちゃって臭いですよね?

あんなに臭いトイレに出会ったことないです。

お気に入りは、サイダーみたいな芳香剤の臭いのトイレ。

時間が来るとシュッとスプレーするのだと思うんですけど、いい匂い。

ま、前の方がどんなものをされるかにもよりますが、根本的に臭いということはないです。

 

そうそう、有料のトイレなんていうのも見たことないですし、チップもない国ですから気軽にトイレに行ってくださいね。

 

サーファーズパラダイスビーチの公衆トイレは○○がない!!

ただ、公園やビーチのトイレにはお気をつけ下さい。

何がないの?

 

 

便座がないのです。。。

 

 

こんな感じ。

IMAG0693

取れちゃったわけじゃないです。

最初からつけてない、もしくは取っちゃったんですね。

これなんでかわからないですけど、誰かもってっちゃうのか何なんでしょう?

とにかく、便座がなくてもできますので、お尻を浮かせたり、トイレットペーパーを敷いたりしてやってみてください。

慣れればどってことないです。

 

 

 

 

。。。私ですか?

 

 

 

お尻浮かせてやってます。

大丈夫ですよ、みんなやってますから。

友達はティッシュ敷くって人も多いです。

 

ただ、子供は気にしてできないかも?

気になる方は除菌ティッシュを持ってくといいと思います。

 

 

店内にトイレがないレストランの場合

ショッピングセンター内やシャレたレストランの場合、トレイの心配はありません。

ただ、雑居ビルに入っているレストランや、ちょっと古めのビルに入っているレストランなどは他のレストランやオフィスと共同のトイレを使うことがあります。

こういう場合は、トイレに鍵がかかっていることが多く、お店の人に聞いて鍵をもらわないとトイレに入れないことがあります。

「トイレ?」って日本語っぽく聞いてもわかってくれると思いますので、鍵をもらってトイレに行きましょう。

 

子供のトイレやオムツ替え

ショッピングセンター内には子供連れ専用のトイレがあるところが多いです。

ペアレンツってかいてありますね。

IMAG0801

たいてい、子供と大人が一緒に入れるトイレがあり、授乳スペースやゲートで囲まれていて子供を入れておけるスペー、オムツ替え台、水道、電子レンジなどがついていています。

IMAG0802

テレビがついているところもあり、ショッピングに飽きた子供を休ませるのにも使える便利なトイレです。

また、通常のトイレには、小さい子を入れておける椅子がついているトイレが一つはあります。

 

大きな公園では、車いす用のトイレにオムツ替え台がついていることが多いです。

まあ、オムツ替え用のシートを持って歩けばどこでも換えられますが、トイレや専用の台があると便利ですので、結構いろんなところにあると覚えておいてください。

 

オーストラリアのトイレにある黄色い箱って何?

オーストラリアのトイレで注射のマークの書いてある黄色い箱を見かけることがあるかもしれません。

これは、あのー、あまり言いたくないんですけどね。

お薬をされる方がいるので、とがったものをそこらにおいて病気移ったら困る!

ってことで、使用済みのものを入れる入れ物になっています。

触らないでくださいね。

 

また、蛍光灯が青いトイレがあるんですけど、この蛍光灯は血管が見えないようになっているので、そのあたりはちょっと怪しい人がいるかも?って気をつけた方がいいです。

ちょっとおかしいと思った人がいたら、無視して立ち去ってください。

 

これ聞くとちょっと怖い。。。と思うかもしれませんが、夜の繁華街とか危ない時間に危ないところにいかなければほとんど遭遇しません。

現に、まじめな(というか、子どもいて遊び歩けない)私は、そんな人にはあったことありませんので、心配しすぎないでくださいね。

ただ、これなんだろうって思うかなって思ったので、一応説明してみました。

 

オーストラリアのトイレには音姫もウォシュレットもありません

まあ、こんなのあるの日本だけですから期待している人はいないと思いますが、オーストラリアのトイレには音姫もウォシュレットもありませんよ。

ここはおおらかなおーすとらりあ、気にしない、気にしない。

 

 

以上、オーストラリア・ゴールドコーストのトイレ事情をまとめてみました。

アジアの国やチップのある国などと違って、意外と日本と近いっていうのがオーストラリアのトイレなんじゃないかな、と思います。

 

ですので、トイレの心配はせずに、他のこと心配してくださいね。

何って?

うーん、のんびりした国ですので、あんまりないです、ハハハ。

気を抜かずに普通にしていれば、日本と大差ないです。

というわけで、参考になれば幸いです。




Sponsored Link





Sponsored Link


-未分類
-,

Copyright© ゴールドコーストへ行くなら☆買い物・お土産・ショッピングガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.